PR

ライフ ライフ

12月のコロナ死者、月間最多を大幅更新か 月1千人ペース

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 新型コロナウイルスの12月の全国の死者数が13日までに446人に上ることが14日、厚生労働省の集計で分かった。月別で最多だった5月(477人)を大幅に上回るのは確実な状況で、1カ月では千人に達するペース。北海道(121人)と大阪(87人)が顕著で、高齢の感染者や重症者の増加に加え、医療体制の逼迫(ひっぱく)度合いが密接に関連していることがうかがえる。

 第3波に入った11月以降、死者数の7日間平均は毎週増加し、13人(同21日)▽18・9人(同28日)▽29・9人(12月5日)▽35・3人(同12日)-と推移。12月に多いのは北海道、大阪のほか、東京46人、兵庫31人、埼玉30人、神奈川28人、愛知25人と大都市圏に集中している。

 北海道は2つの病院で大規模なクラスター(感染者集団)が起きた旭川市(42人)と、札幌市(55人)の死者数が突出する。大阪府は重症者の増加に歯止めがかからず、13日時点では158人に上り、1日時点から33人増加。重症者用の病床使用率も60・7%から76・7%と悪化している。

 厚労省によると、第3波では60代以上、特に80代以上の高齢の感染者が増えているのが特徴。これを反映するのが重症者の多さで、14日時点で588人と連日最多を更新している。

 東京医科大の濱田篤郎教授(渡航医学)は「感染者が増えれば、医療機関でのきめ細かい重症化防止対策が困難になる。死者を減らすには、感染者を減らすしかない」と指摘する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ