PR

ライフ ライフ

西山女流王座が初防衛

女流王座戦第5局を制し、初防衛を果たした西山朋佳女流王座=14日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)
女流王座戦第5局を制し、初防衛を果たした西山朋佳女流王座=14日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)

 将棋の西山朋佳(ともか)女流王座(25)に里見香奈女流四冠(28)=清麗・女流名人・女流王位・倉敷藤花=が挑戦した第10期女流王座戦(リコー主催)の第5局が14日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、後手の西山女流王座が158手で勝ち、対戦成績3勝2敗で初防衛を果たした。

 西山女流王座は女流タイトル獲得通算7期となり、女王・女流王将とあわせ、女流3冠を堅持した。

 両者のタイトル戦での激突は今回が4回目で、いずれも西山女流座が勝利を収めている。

 敗れた里見女流四冠は 女流王座5期の永世称号「クイーン王座」の資格獲得、清水市代女流七段(51)が持つ女流タイトル獲得通算43期の最多タイ記録はそれぞれ持ち越しとなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ