PR

ライフ ライフ

受精卵の性別情報開示 学会が厳重注意処分

 受精卵の染色体異常を調べて流産率の低下や出産率の向上を目指す、着床前診断の効果を検証する臨床研究をめぐり、日本産科婦人科学会(日産婦)は12日、研究参加施設が受精卵の性別に関する情報を患者に誤って開示したため、厳重注意の処分にしたと発表した。今後、研究への参加を停止する。施設名は明らかにしていない。

 臨床研究の計画では、患者に対し、染色体の異常など流産の可能性に関わる情報を開示するとしている。だが、この施設では患者1人に対し、誤って、受精卵の性別に関する情報が含まれた検査結果を渡していた。

 また、施設では研究参加に関する患者の同意書も保持していなかったという。

 日産婦は同様のミスが起きないよう、参加施設に対し今後注意を促すとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ