PR

ライフ ライフ

札幌の飲食店イベントで集団感染 参加者らに連絡呼びかけ

札幌市役所(寺田理恵撮影)
札幌市役所(寺田理恵撮影)

 札幌市は12日、JR札幌駅西口高架下の飲食店15店が出店する「札幌つなぐ横丁」で今月1日と2日に開かれたプレオープニングイベントと病院の2カ所で、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が新たに発生したと発表した。

 市はこのイベントの参加人数や濃厚接触者などを調査しているが、12日時点で特定できておらず、名称の公表に踏み切った。イベント参加者と4~9日の札幌つなぐ横丁利用者が濃厚接触者となる可能性があるとして、相談窓口へ連絡するよう呼びかけている。

 市によると、このイベントは招待された参加者がそれぞれ同伴者を連れて参加する方式で開かれた。感染が確認されたのは運営スタッフ5人と参加者2人の計7人。札幌つなぐ横丁は感染者の判明を受け、10日から休業している。

 新たにクラスターが発生した病院の感染者は、入院患者33人と職員9人の20~100代計42人。この病院は外来と新たな入院患者の受け入れを休止している。

 札幌市では12日、69人の感染と4人の死亡が確認された。同市は12日、北海道の基幹病院の一つ「手稲渓仁会(ていねけいじんかい)病院」のクラスターが11日付で収束したとの見解を公表した。同市内で未収束となっている病院のクラスターは12日時点で13件となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ