PR

ライフ ライフ

軽症診断で宿泊療養中…50代男性が死亡 神奈川

神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)
神奈川県庁=横浜市中区(高橋天地撮影)

 神奈川県は12日、新型コロナウイルスに感染し、軽症と診断されて県内に5カ所あるホテルなどの宿泊療養施設の1カ所で療養していた県内居住の50代の男性患者が、11日に死亡したと発表した。患者に基礎疾患はなかったとみられる。患者の居住地などは明らかにしていない。宿泊療養施設内でコロナ患者が心肺停止となり、その後、死亡が確認されたのは県内で初めてという。

 県によると、患者は4日に発熱や関節痛などの症状が出て、8日に陽性が判明。翌9日から宿泊療養施設に入所していた。11日午前10時ごろ、患者は電話で頭痛や倦怠(けんたい)感の症状を訴え、午後3時のLINE入力による健康観察に回答していなかったことから、約1時間後に看護師が患者の携帯に電話。患者は電話をとったものの、応答はなかったという。

 その後、同6時以降、看護師が複数回にわたって電話したが応答がなく、同8時ごろ、部屋を訪れた看護師らが、室内で心肺停止の状態で発見。病院に搬送されたが、死亡が確認された。死因は不明という。

 県医療危機対策本部室の篠原仙一室長は「今後、詳しい経緯を明らかにしていく。健康観察の基準を明確にしなければいけない」とのコメントを発表した。

 同県では11日、新たに285人の感染者が確認され、過去最多を更新していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ