PR

ライフ ライフ

ふたご座流星群が見ごろ 13日夜から明け方にかけ

 冬の夜空を彩る「ふたご座流星群」が13日夜から14日の明け方にかけて、出現のピークを迎える。国立天文台によると、新月が近いため月明かりの影響がない好条件で、天候がよければ1時間で最大55個前後が観測できる。12日と14日の夜にも1時間に20個前後が出現するという。

 流星は、ふたご座近くの「放射点」から四方八方に走り、空全体に現れる。午後8時ごろから見え始め、午後10時ごろから出現が本格化する。同天文台は「目が暗さに慣れるまで15分ほどは観察を続けるとよい」と助言する。

 ふたご座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並んで「三大流星群」と呼ばれる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ