PR

ライフ ライフ

規制委員長「判断に自信」 大飯原発許可取り消し判決に反論

原子力規制委の定例会合。左は更田豊志委員長=9日午前、東京都港区
原子力規制委の定例会合。左は更田豊志委員長=9日午前、東京都港区

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は9日、規制委の審査に不備があるとして関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の設置許可を取り消した4日の大阪地裁判決に対し「規制委としての判断には自信を持っている」と反論した。

 判決は「規制委の判断は地震規模の想定で必要な検討をせず、看過しがたい過誤、欠落がある」と認定。これに対し、更田氏は「地震動の設定に関する保守性の確保については必要かつ十分な考慮がなされている」との認識を示し、事務局の原子力規制庁に見解を取りまとめるよう指示した。

 地震対策の審査を担当する石渡明委員も「判決で言われている検討はわれわれとしてはやってきている。違和感がある」と述べた。その上で、審査官向けの内規である「審査ガイド」の記述が誤解を招いているとして、ガイドの見直しに言及した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ