PR

ライフ ライフ

都内の新車、2030年までに100%脱ガソリン 小池都知事が目標表明

東京都の小池百合子知事
東京都の小池百合子知事

 東京都の小池百合子知事は8日の都議会定例会の本会議で「都内で新車販売される乗用車を2030(令和12)年までに、二輪車を35(同17)年までに100%を非ガソリン化することを目指す」と表明した。電気自動車などの普及促進によりガソリンのみで動く乗用車の販売をなくし、二酸化炭素(CO2)排出量の削減を進める狙いがある。

 30年代半ばまでに国内で販売される新車からガソリン車をなくす目標を掲げる方向で調整しているとされる国よりも、前倒しして目指す格好だ。

 小池氏は「世界の潮流を牽引していく」と強調。「燃料電池自動車、電動二輪車を用いた世界的なレースの開催など、象徴的な取り組みを通じて都民に訴えかけ、ムーブメントを起こしたい」とした。

 都はこれまで30年までに都内で販売される新車の50%を排ガスが出ないゼロエミッション車にする目標を設定。購入費補助などを展開している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ