PR

ライフ ライフ

区長賞に王子第二小・沢田君 北区の新聞コンクール 産経賞は王子桜中・関口さん

最優秀賞の区長賞に選ばれた沢田拓武君(右)と、産経新聞社賞の関口優里子さん=7日、北区の「北とぴあ」
最優秀賞の区長賞に選ばれた沢田拓武君(右)と、産経新聞社賞の関口優里子さん=7日、北区の「北とぴあ」

 東京都北区内の小中学生が2つの新聞記事を読み比べ、分かったことや考えたことを書く「第8回比べて読もう新聞コンクール」(区教育委員会、北区新聞販売同業組合主催)の表彰式が7日、同区王子の「北(ほく)とぴあ」で開かれた。計6792点の応募の中から、最優秀賞の区長賞に王子第二小4年、沢田拓武(たくむ)君の「台風から北区を守った岩淵水門」が選ばれた。

 沢田君は区内の岩淵水門を閉鎖し、台風による水害を防いだとする昨年11月の記事を読んで水害に関心を持ち、資料館も訪問して考えを深めた。自分の避難基準をつくるなど、有事に備えることを家庭で始めたといい、「記事のおかげで大切なことが分かった。これからも新聞を読みたい」と壇上で宣言した。

 また、産経新聞社賞には王子桜中1年、関口優里子さんの「水害対策が抱える問題」が選ばれた。九州豪雨から1週間近くがたっても、支援が十分届かない地域があったことを書いた産経新聞の記事などを読み比べた。関口さんは「両親に意見を聞くなどして、時間をかけて努力したかいがあった」と述べた。

 その他の主な賞は以下の通り(敬称略)。作品は14日まで北とぴあに展示する。区議会議長賞=村松京治(王子第二小3年)「帰省と大切な人のための行動」▽区教育委員会賞=島田煌浬(きらり)(王子第三小6年)「僕たちは差別の中で生きていく」▽審査員特別賞(北区新聞販売同業組合賞)=森田心寧(ここね)(田端中3年)「難病患者と命の重さ」▽学校賞=王子第五小、田畑中

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ