PR

ライフ ライフ

有馬元文相死去、大学理事長務めゆかりの静岡・浜松でも悼む声

物理学者で元文相の有馬朗人氏=2018年11月、東京・豊玉上の武蔵大学(酒巻俊介撮影)
物理学者で元文相の有馬朗人氏=2018年11月、東京・豊玉上の武蔵大学(酒巻俊介撮影)

 物理学者で元文相の有馬朗人氏の訃報を受け、有馬氏が現職理事長だった静岡文化芸術大の地元、浜松市などからも悔やむ声が上がった。

 少年時代を浜松で過ごした有馬氏は浜松市の親善大使「やらまいか大使」にも就いており、鈴木康友市長は「大学理事長として地域に多くの有意な人材を輩出された。本市PRにも寄与していただいた。市発展に大きな貢献をいただいたことに感謝申し上げ、心よりご冥福をお祈りする」とのコメントを出した。

 同大の元理事長で、有馬氏に後任を依頼した経緯がある川勝平太静岡県知事は「深いショックを受けている。先生は浜松の地をこよなく愛し、本県の原発の安全確保や電力供給のあり方にも深く関わっていただいた。衷心よりご冥福をお祈りする」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ