PR

ライフ ライフ

太陽系の歴史ひもとく地下物質 分析に期待 はやぶさ2

 はやぶさ2は小惑星リュウグウの試料を分析することで、生命の起源の謎や太陽系の成り立ちに迫ることを目指しており、科学的な成果でも初代を大きく上回ると期待されている。

 初代はやぶさが探査したイトカワは、岩石だけでできた「S型小惑星」だったのに対し、リュウグウは有機物や水を豊富に含む「C型小惑星」に分類される。このタイプの小惑星が原始の地球に衝突したことで有機物や水が運び込まれ、生命をつくる材料になったとの仮説が提唱されている。

 これらの物質がリュウグウの試料から検出され、地球の生物が持つ有機物や水の特徴と関連していれば、仮説がより有力になる。

 試料を分析する広島大の薮田ひかる教授(宇宙化学)は「太陽系を作った主な材料が生命の材料になった可能性がある。その結びつきを明らかにしたい」と話す。

 小惑星は太陽系が約46億年前に誕生した頃、惑星に成長できなかった小天体の残骸だ。初期の太陽系の姿をとどめている「化石」とも呼ばれる。

 ただ、地表にある物質は太陽光や放射線を浴びて風化している。初代はやぶさが採取したのは地表の物質だったが、はやぶさ2は風化を免れ太古の状態を良好に保っている地下の物質も採取したとみられ、太陽系の歴史をひもとく貴重な手掛かりになる。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ