PR

ライフ ライフ

はやぶさ2 カプセルが大気圏突入 「火球」確認

「はやぶさ2」の試料カプセルが地球の大気圏に突入し、喜びにわくJAXAの管制室=6日未明、相模原市(JAXA提供)
「はやぶさ2」の試料カプセルが地球の大気圏に突入し、喜びにわくJAXAの管制室=6日未明、相模原市(JAXA提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、探査機「はやぶさ2」から分離され、小惑星リュウグウの試料が入ったとみられるカプセルが日本時間6日午前2時半ごろ、高度約120キロで地球の大気圏に突入したと発表した。

 カプセルは、大気圏に突入すると1万度を超える超高温にさらされ、明るく輝きながら飛んでいく「火球」と呼ばれる流れ星のような状態になる。この様子をJAXAが観測し、大気圏突入を確認した。

 計画ではその後、高度約10キロでパラシュートを開いて降下速度を落とし、オーストラリア南部の砂漠に着陸。夜明け以降、カプセルが発する電波などを手掛かりに、ヘリコプターやドローン(無人機)で捜索し回収する。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ