PR

ライフ ライフ

【話題の本】『独学大全』読書猿著 「学び方を知りたい」という人に

 本が探せない、勉強が続けられない-。独学者が抱える悩みに寄り添ってくれる一冊だ。9月下旬発売の紙と、10月下旬配信の電子を合わせて11万部と好調だ。

 著者は、古典から最新の論文まで紹介するブログを運営する「読書猿」氏。本書は「なぜ学ぶのか」「何を学ぶのか」「どう学ぶのか」で構成。心理学や学習科学などさまざまな知識をかみくだき、具体的に指南。たとえば、35分を1セットとする記憶法では、新規学習や復習にあてる時間配分を提案する。資料の整理から読書術まで、学ぶジャンルを問わずに使える技術を網羅。「独学の方法はあまり知られていない。30~40代のビジネスマンを中心に売れていますが、大学生が手に取るケースもあるようです」と編集担当者。

 約800ページという異例の厚さで、「最小の労力で最大の効果」をアピールする従来のビジネス書と一線を画すが、「辞書のように使ってもらうイメージ」(担当者)だ。巻末の「独学困りごと索引」は、悩みに応じて読むべき項目を紹介、独学初心者に優しい作り。自分で考え、答えを出す能力が求められるなか、「学び方を知りたい」というニーズに合致したようだ。

(ダイヤモンド社・2800円+税)

油原聡子

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ