PR

ライフ ライフ

芝野王座が初防衛、十段と2冠堅持 「粘り強く打てた」

第68期王座戦五番勝負で初防衛を果たした芝野虎丸王座
第68期王座戦五番勝負で初防衛を果たした芝野虎丸王座

 囲碁の第68期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)の第4局が3日、神奈川県秦野市で行われ、芝野虎丸王座(21)=写真=が308手までで、挑戦者の許家元(きょ・かげん)八段(22)に黒番半目勝ちし、対戦成績3勝1敗で初防衛を果たした。芝野王座は「苦しい局面が多かったが、粘り強く打つことができた。初めての防衛なので、勝つことができてよかった」と話した。十段とあわせ2冠を堅持し、タイトル獲得は通算6期となった。

 2人あわせても42歳(開幕時)と七大タイトル戦では史上最年少の対決を制し2冠を保持した芝野王座が、苦しかった令和2年のタイトル戦を終えた。

 プロ6年目の昨年は10月に、当時の張栩(ちょう・う)名人(40)を破り史上最年少の19歳11カ月で七大タイトルの1つである名人を奪取すると、11月には当時の井山裕太王座(31)にも勝利し勢いに乗った。

 今年6月には村川大介十段(29)を3勝1敗で破り史上10人目の3冠を最年少(20歳7カ月)・最速(入段5年9カ月)で達成した。しかも七大タイトル戦を1つも落としていない無傷の3冠だった。

 しかし「対局ができずに、ちょっと調子がおかしくなった」と話すように、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ4月上旬から2カ月間の対局休止は、リズムを狂わせた。

 3年連続して最多勝利の若き実力者も、今年は33勝20敗の4位で、一力遼碁聖(42勝13敗)に大きく差をつけられている(12月2日現在)。6~7月の本因坊戦、そして8~10月の名人防衛戦では、いずれも第一人者の井山に敗れたことが響いている。対戦を重ねることで、あらためて7冠独占を2度も果たした巨人の力を思い知らされた。

 しかし、それもいい経験になった。今後、何年にもわたって顔を合わせるであろう同世代の許八段とのタイトル戦初対局では、実力を出し切ることができた。

 「これからも一局一局、成長できたら」

 2期連続の挑戦を目指す本因坊戦リーグや、3期連続の七番勝負進出がかかる12月開幕の名人戦リーグなど国内棋戦だけでなく、インターネットを利用した国際棋戦への出場も続く。来春には、挑戦者を迎えうつ立場の十段戦五番勝負も控える。2年続けて「2冠」で年を越す芝野は1年後、いくつまでタイトルを増やしているか。(伊藤洋一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ