PR

ライフ ライフ

真冬の感染防止 「換気と室温」知恵絞る学校

 新型コロナウイルスの感染再拡大で、さらなる状況悪化が懸念される冬本番に向け、学校現場は今、寒さに配慮しつつ教室の換気を適切に行うという難題を突き付けられている。特に寒さが厳しい地方で窓を開けるとなれば、授業に支障をきたしかねない。室温管理と換気の両立が必須となる中、北海道では空き教室で取り入れた外気を暖めて校内に行き渡らせることにより、空き教室そのものを“暖房装置”として活用する妙案も登場している。(福田涼太郎)

 「換気の時間を計りながら授業をするのは教員の負担だ。窓を開ければ寒さに耐えたとしても子供の集中力は途切れる。それに窓が凍り付いたら開かない」

 真冬には氷点下20度に達するオホーツク海に面した北海道紋別(もんべつ)市。市教委の担当者は厳冬期に教室の窓を開けて換気することの難しさを説明する。

 換気では新しい空気を取り入れるだけでなく、教室内の古い空気を外に出す必要がある。窓を開けての換気が困難と判断した同市は冬に備え、小中学校の各教室に換気扇を設置することを決定。年内の完了を目指して工事を進めている。

 設置後は廊下の窓を開けて外気を取り入れ、扇風機を使って教室の廊下側の壁上部にある小窓(欄間)を通じて教室内に流し込み、古い空気は換気扇から排出する。教室内の屋外側の窓を開けることは避けられるが、廊下側から少量ながら冷たい空気が常に入ってくるため、「多少、寒くはなる」(担当者)と話す。

■ ■ ■

 文部科学省が示した新型コロナ対策のマニュアルでは、換気について「気候上可能な限り常時、困難な場合はこまめに(30分に1回以上、数分間程度、窓を全開する)、2方向の窓を同時に開けて行う」ことを求めている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ