PR

ライフ ライフ

子育て家庭に正月の食料を 支援団体「キッズドア」が資金募集

 家計が苦しい子育て家庭に年末年始の食料を届けるため、子どもの貧困対策に取り組むNPO法人「キッズドア」が、クラウドファンディングで資金を募っている。同法人の担当者は「コロナ禍で仕事が減り、困窮する家庭が増えている。正月のめでたい雰囲気の中、食べ物がないのはつらい。社会全体で支援してほしい」と訴える。

 新型コロナウイルス感染症による景気悪化で、子育て家庭の経済状況は厳しさを増す。同法人が10月、支援する保護者を対象に調べると、85%が「コロナの影響を受けた」と回答。直近1年の生活状況については38%が「家族に必要な食料が買えないことがあった」と答えた。

 今回の支援は、ひとり親だったり多子家庭だったりして家計が苦しい家庭や、コロナの影響で収入が減った世帯年収200万円以下の家庭など600世帯を対象に行う。米やそば、餅、野菜などを福島県のNPO法人「がんばろう福島、農業者等の会」から買い入れ、12月下旬に届ける予定。寄付は5千円から可能で、来年1月7日まで受け付ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ