PR

ライフ ライフ

「鬼滅の刃」キャラと同名 和歌山の「甘露寺」が聖地に

「鬼滅の刃」のキャラクターに扮して記念撮影をする人たち=和歌山県紀の川市の甘露寺
「鬼滅の刃」のキャラクターに扮して記念撮影をする人たち=和歌山県紀の川市の甘露寺
その他の写真を見る(1/2枚)

 アニメ映画が大ヒット中の漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」に登場する女性キャラクター「甘露寺蜜璃(かんろじ・みつり)」と名前が同じとして、和歌山県紀の川市の古刹(こさつ)、甘露寺が注目を集めている。週末にはコスプレーヤーらが訪れ、記念撮影する姿も。地元の市もブームに注目し、PR動画を制作して映画館でCM上映。「恋の柱」を公園に建てるなどして「恋の聖地」をアピールしている。(藤崎真生)

共通する「恋」 コスプレーヤー続々

 甘露寺蜜璃は、鬼滅の刃に登場する剣士。鬼狩りを任務とする鬼殺隊の中で最高位の剣士「柱」の一人で、「恋の呼吸」という技を使う。一方、和歌山県の甘露寺は約360年前の江戸時代に建てられたと伝わり、境内にある梛(なぎ)の木の葉は縁結びの御利益があるとされる。名前や「恋」が共通するとファンの間で話題になり、10月16日に映画が公開されると、さらに人気が上昇。キャラクターの衣装を着た人たちが記念撮影する姿も増えた。

 同県海南市の主婦、鈴木安佳里(あかり)さん(29)は、長男の玲生(れい)君(6)と長女の琉菜(るな)ちゃん(1)に約3週間かけて手作りした衣装を着せて訪れ、「寺の“和”の雰囲気が衣装にマッチし、来たかいがありました」と笑顔。玲生君も「お母さんが作ってくれた服は格好いい」と満足そうに話した。

 寺の山下芳巖(ほうがん)住職(71)によると、映画の公開を機に訪れる人が急増。「正確に数えたことはないが、多いときは1日に200人は超えているのでは」と驚く。

続きを読む

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ