PR

ライフ ライフ

観光バスで12人集団感染 車内カラオケも 東京

 足立保健所は20日、観光バスで新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。参加者70人のうち、19日時点で12人の感染が確認されており、保健所はさらに感染者が増える可能性もあるとみている。

 保健所によると、クラスターが発生したのは、今月8日、フルーツ狩りをしに日帰りで群馬県に向かった観光バスの車内。同区でタイヤ販売や観光業を営む「金成(かんなり)商事」が社員の知人などを誘い、社員を含めて70人が参加、バス2台を使った。

 16日に1人目の感染者が判明。19日までに40~80代の女性12人の陽性が確認された。12人はいずれも同じバスだった。

 これまでの聞き取りで、感染が広がったバスの車内ではカラオケが行われていたことが判明。保健所によると、参加者のリストがなく、全容解明が進んでいないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ