PR

ライフ ライフ

藤井棋聖、最年少200勝 18歳4カ月

王将リーグ最終局で木村一基九段に勝ち、公式戦通算200勝を達成した藤井聡太棋聖(手前右)=20日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)
王将リーグ最終局で木村一基九段に勝ち、公式戦通算200勝を達成した藤井聡太棋聖(手前右)=20日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)

 将棋の高校生タイトルホルダー、藤井聡太棋聖(18)=王位=は20日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第70期王将戦挑戦者決定リーグ(王将リーグ)の最終6回戦の一斉対局で木村一基九段(47)に勝ち、史上最年少、最高勝率で公式戦通算200勝(40敗)を達成した。しかし、他局の結果、藤井棋聖の王将リーグ残留はならなかった。

 日本将棋連盟によると、18歳4カ月での200勝達成は、永世称号獲得者と中学生でプロデビューした棋士の中で羽生善治九段(50)の19歳1カ月を抜いて史上最年少。勝率8割3分3厘も羽生九段の7割9分1厘(200勝53敗1持将棋=引き分け)を上回る史上最高となった。

 公式戦通算100勝を挙げた際に更新したプロ入り最速の記録については、4年1カ月での200勝達成で、羽生九段の3年11カ月に次ぐ記録となった。

 藤井棋聖は平成28年10月、プロデビュー(四段昇段)。公式戦29連勝や棋戦最年少優勝など数々の記録を塗り替え、今年は第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負でタイトル挑戦とタイトル獲得の最年少記録をそれぞれ更新した。

 藤井棋聖は終局後、公式戦通算200勝について、「全く気づいていなかった。これからも実力を高めて、上を積み上げられるように頑張りたい」と語った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ