PR

ライフ ライフ

若田さん、古川さん宇宙へ 2022、23年にISS滞在

(左から)若田光一さん、古川聡さん 
(左から)若田光一さん、古川聡さん 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、宇宙飛行士の若田光一さん(57)が2022年ごろ、古川聡さん(56)が23年ごろにそれぞれ国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在すると発表した。若田さんの飛行は日本人最多の5回目、古川さんは2回目となる。

 若田さんは1996年にスペースシャトルで初飛行。その後、2000年と09年にシャトルで2回飛行し、13年にはロシアのソユーズ宇宙船でISSへ向かった。日本人として初めてISS長期滞在を経験したほか、14年には日本人初のISS船長を務めた。

 古川さんは11年にソユーズで初飛行を果たした。

 ISSには野口聡一さん(55)が17日に米新型宇宙船クルードラゴンで到着し、約半年間の長期滞在を始めたばかり。来春には星出彰彦さん(51)の長期滞在が決まっている。

 日本人飛行士の宇宙飛行の最高齢は野口さんの55歳。若田さんと古川さんは現時点で野口さんより年上で、2人のいずれかが最高齢を更新する見通しだ。

 JAXAは、2020年代に日本人による月探査が始まることをにらみ、月に向かう次世代飛行士の募集を来年秋にも行う予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ