PR

ライフ ライフ

茨城県、新型コロナで1人死亡 28人感染

 茨城県内で19日、新たに28人の新型コロナウイルス感染が確認され、これまでに感染していた80代女性1人が死亡した。感染者は累計で1099人、死者は19人となった。

 県と水戸市によると、患者は土浦市9人▽古河市、牛久市3人▽つくば市2人▽水戸、かすみがうら、行方、桜川、笠間、小美玉、守谷、稲敷、石岡、龍ケ崎、つくばみらいの各市が1人で、うち16人が濃厚接触者。

 新たに土浦市神立中央の接待を伴う飲食店「ヴェルニ」で従業員と客の計7人の感染が確認され、県はクラスター(感染者集団)が発生したとみて、5日以降の利用者は県の窓口に相談するよう呼びかけている。これまでにクラスターが発生した土浦市桜町に関連する新たな感染者は確認されなかった。

 また、感染者の急増を受け、県は19日、発熱患者の受け入れ可能な医療機関を650まで拡充したと発表した。19日時点で、県内の感染状況を示す県の独自基準では、病床稼働率がステージ2(感染がおおむね抑制できている状態)相当となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ