PR

ライフ ライフ

新潟市の介護施設で13人感染 

新たな新型コロナウイルス感染者を発表する新潟市保健衛生部の野島晶子部長=18日、同市中央区の同市役所(本田賢一撮影)
新たな新型コロナウイルス感染者を発表する新潟市保健衛生部の野島晶子部長=18日、同市中央区の同市役所(本田賢一撮影)

 新潟市は18日、前日に30人の新型コロナウイルス感染者が確認された介護施設「ケアポートすなやま」(同市西区)で新たに13人の感染が判明し、同施設の感染者は計43人になったと発表した。13人の内訳は、80歳以上の入所者9人、20代から50代までの同施設職員4人。新潟県内の感染者は累計272人になった。

 市は同日までに全ての入所者と職員のPCR検査を実施。感染が確認されたのは、入所者が81人中38人、職員が97人中5人の計43人だった。職員に最近2週間で県外に行き来した人はいなかった。今後は、通いで同施設を利用し、自宅待機中の39人についても全員検査を実施する予定。

 入所者は全員、施設内で過ごしているうえ、外部との面会にはアクリル板使用など適切なルールを設けている。そのため、市は「職員が感染源になった可能性がある」とみて感染経路を調べている。

 同施設は、県介護老人保健施設協会のホームページを通じて感染者の発生を公表している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ