PR

ライフ ライフ

ポンプ油250リットル川に流出 再処理工場で揚水確認中

 17日午後3時20分ごろ、青森県六ケ所村にある日本原燃使用済み核燃料再処理工場の敷地内を通る二又川から水をくみ上げる作業を確認中、水中ポンプの油が漏れて敷地外に流れ出た。原燃によると、油はポンプのシリンダーを動かすためのもので、流出量は最大で約250リットル。吸着マットで回収を急ぐとともに環境への影響を調べている。

 同社社員がポンプを起動させた直後、油が漏れているのに気付いた。漏えいは既に止まったが、油は川の先にある尾駮沼に至っており拡散を防ぐためにオイルフェンスを設置する。

 重大事故時には施設内から飛散する放射性物質を減らすために放水するが、今回トラブルが起きたポンプはその水源となる貯水槽に水を移送するためのものだという。

 同社は「しっかりと原因を調査し、対策を図りたい」とコメントしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ