PR

ライフ ライフ

朝倉氏遺跡重文に被害なし、岩手県博物館の無断切り取り

 岩手県立博物館(盛岡市)の学芸員が文化財をサンプル採取のため無断で切り取っていた問題で、県教育委員会は16日、同館が保存処理などで預かったことのある重要文化財のうち、福井県の一乗谷朝倉氏遺跡の出土品27点について、所有者に無断での切り取りはなかったと発表した。

 県教委によると、「包丁」や「鉈」など計21点に切り取り跡はあったが、全て所有者である福井県の承諾を得ていた。

 県が優先的に行っていた重文の調査は、今回で終了。全192点のうち、無断切り取りがあったのは、岩手県の「柳之御所・平泉遺跡群」の出土品2点だった。今後、重文以外も調査する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ