PR

ライフ ライフ

「野口さん、行ってらっしゃい!」母校・神奈川県茅ケ崎市の児童ら歓声 打ち上げ成功

野口さんに「行ってらっしゃい!」とエールを送った母校の児童ら=16日、神奈川県茅ケ崎市の市立浜須賀小学校(外崎晃彦撮影)
野口さんに「行ってらっしゃい!」とエールを送った母校の児童ら=16日、神奈川県茅ケ崎市の市立浜須賀小学校(外崎晃彦撮影)

 宇宙飛行士、野口聡一さん(55)が乗り込んだ米民間宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げに合わせ、野口さんの母校・神奈川県茅ケ崎市立浜須賀小学校では16日朝、6年生の児童ら約130人が体育館に集まり、打ち上げの様子を映し出すモニターをかたずを飲んで見守った。

 体育館では、児童らが打ち上げに合わせてカウントダウン。その後、ロケットから宇宙船が切り離され、「打ち上げ成功」が伝えられると、児童らは歓声を挙げ、声を揃えて「野口さん、行ってらっしゃい!」とエールを送った。

 同校6年の岡本明力くん(12)は、「野口さんのように、あきらめずに挑戦を続ける人になりたい。宇宙に行ったら、(同市のシンボルの)えぼし岩はどんな風に見えるかな」と話し、目を輝かせた。

 体育館には、同校児童らのほか、野口さんが卒業した市立浜須賀中学校、県立茅ケ崎北陵高校の生徒や関係者も集合。野口さんが小学5年生まで在籍した兵庫県太子町立斑鳩小学校の児童らともオンラインでつなぎ、喜びを分かち合った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ