PR

ライフ ライフ

新年一般参賀、見送りで調整 新型コロナで

  例年1月2日に行われる新年の一般参賀について、宮内庁が新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、来年1月の一般参賀を中止する方向で調整していることが16日、関係者への取材で分かった。実施見送りとなれば、昭和天皇の服喪中で開催されなかった平成2年以来となる。

 今年2月に予定されていた天皇誕生日の一般参賀も、「限られた場所に万単位の人が集まり、密着する他には見られない行事」であることなどから、感染拡大防止のため、宮内庁が取りやめを決定していた。

 令和初となった今年1月の新年一般参賀では、天皇、皇后両陛下と、秋篠宮ご夫妻をはじめとする皇族方が宮殿・長和殿のベランダに立たれた。午前中の参賀には上皇ご夫妻もお出ましになり、6万8710人が訪れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ