PR

ライフ ライフ

北海道の感染者数高止まり 鈴木知事「極めて憂慮すべき事態だ」

記者会見を行う北海道の鈴木直道知事=13日午後3時20分、道庁(寺田理恵撮影)
記者会見を行う北海道の鈴木直道知事=13日午後3時20分、道庁(寺田理恵撮影)

 北海道と札幌、小樽、旭川、函館の各市は13日、道内で新型コロナウイルスに感染した80代男性1人が死亡し、新たに235人の感染が確認されたと発表した。1日当たり感染者数では12日の236人に次いで2番目に多く、高止まりとなっている。

 一方、札幌市発表分は133人で、市内で最も多かった12日の164人を下回り、北海道全体に感染が広がる傾向が一層強まった。

 鈴木直道知事は13日の定例記者会見で、「入院患者が急増している。極めて憂慮すべき事態だ」と危機感を表明した。また、道内で3棟目となる宿泊療養施設の開設を検討していることを明らかにした。

 道は13日に運用が始まった2棟目を含め宿泊療養施設で計1000室を確保。病院のコロナ対応ベッド963床を確保しているが、入院患者数は5日の285人から12日の517人に急増している。

 道内では13日、札幌市に隣接する北広島市の障害者入所施設で職員と入所者ら計25人のクラスター(感染者集団)が新たに発生したほか、旭川市や岩見沢市などで病院のクラスターが拡大した。

 道内の離島では初のクラスターが12日に認定された利尻島の利尻富士町では、新たに5人の感染が確認された。同島の利尻町でも新たに1人が確認された。利尻島の感染者は今月10日以降、計20人となった。

 道内の死者は13日までに計123人、感染者は延べ5055人(実人数5032人)となった。午後6時半時点の患者数は1608人で、このうち重症者は16人。

 道内の13日の新たな感染者は、札幌市133▽小樽市8▽旭川市6▽函館市1▽石狩地方36▽空知地方16▽十勝地方8▽胆振(いぶり)地方6▽宗谷地方6▽釧路地方4▽後志(しりべし)地方2▽檜山地方1▽上川地方1▽留萌(るもい)地方1▽感染確認地域非公表6(札幌市4、神奈川県1、兵庫県1)-の計235人。

 旭川市では13日、病院のクラスターが5人増えて計44人に拡大した。

 札幌市では同日、特別養護老人ホーム「ドリームハウス」のクラスターが10人増えて計67人に。国立病院機構「北海道医療センター」でも1人増えて計14人となった。

 同市の繁華街ススキノ地区で感染者が確認された接待飲食店は4店増えて計134店となり、感染者は同市内だけで14人増えて計475人となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ