PR

ライフ ライフ

文科相「30人学級目指す」 小中学校、コロナ対策で

萩生田光一文科相(春名中撮影)
萩生田光一文科相(春名中撮影)

 萩生田光一文部科学相は13日の閣議後記者会見で、公立小中学校の少人数学級導入について、新型コロナウイルス対策やきめ細かな教育を実現するためとして「30人学級を目指すべきだと考えている」と述べた。

 現在の学級上限は40人(小学1年は35人)で、自民党などは3密(密閉、密集、密接)の回避にもつながるとして30人に引き下げるよう求めていた。文科省はこれまで具体的な目標を挙げず、来年度予算の概算要求に必要額を示さない「事項要求」として盛り込んだ。

 ただ、財務省は教育効果の裏付けがないなどとして導入に慎重な姿勢だ。文科省は、今後10年かけて30人に引き下げれば、少子化によって追加的な財政負担をほとんど必要とせずに実現できると試算しており、双方の折衝が続いている。 萩生田氏は「段階的、計画的に進める必要がある」とも発言。児童生徒数が多い都市部では、少人数学級に対応できるだけの教室が確保できないケースもあるとして、自治体の事情に応じて進めたいとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ