PR

ライフ ライフ

こまめに窓、ドア開け…夏以上に対策意識を

新型コロナウイルス感染症対策分科会後、記者会見に臨む尾身茂会長(右)と西村経済再生相=12日午後、東京・永田町
新型コロナウイルス感染症対策分科会後、記者会見に臨む尾身茂会長(右)と西村経済再生相=12日午後、東京・永田町

 感染リスクが高まる本格的な冬を前に、専門家らはマスク着用や消毒などを夏以上に意識して取り組むだけでなく、暖房使用時でもこまめにドア、窓を開けて換気するよう呼びかけている。

 都の専門家チームが10月実施したアンケートではマスクの着用など感染対策に関する10項目について、それぞれ約6~9割が今夏と同程度かそれ以上に気をつけていると回答。ただ3密回避で18・2%、混雑する時間・場所の回避で14・1%、長時間の飲み会回避で6・7%が「夏のほうが気を付けていた」と答えた。

 専門家は「経済活動が本格的に再開され、さまざまなイベントへの参加も増えている。このような行動に伴うリスクをできる限り少なくする考え方が大切」などと指摘している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ