PR

ライフ ライフ

群馬県、8都道府県への移動自粛要請

定例会見で8都道府県への外出自粛を求める山本一太知事=12日、県庁(柳原一哉撮影)
定例会見で8都道府県への外出自粛を求める山本一太知事=12日、県庁(柳原一哉撮影)

 群馬県の山本一太知事は12日の定例会見で、新型コロナウイルスの新規感染者数が増加している北海道、東京など8都道府県について、不要不急の移動自粛を県民に要請すると表明した。要請は同日付。全国的な「第3波」懸念の高まりを踏まえ、改めてマスク着用など「新しい生活様式」の徹底を呼び掛けた。

 山本知事は「北海道などの状況は決してひとごとではない。群馬もいつ同じ状況になるかわからず、予断を許さない」と、危機感をあらわにした。

 同日の新規感染者数は北海道で過去最多となる236人、東京都で393人を数え、山本知事は「感染拡大は顕著だ」と指摘。その上で状況が悪化している北海道、東京都、大阪府、神奈川、埼玉、千葉、山梨、沖縄各県への移動自粛を求めると明らかにした。

 県によると、これまでの自粛対象地域は東京、沖縄2都県のみだった。ただ、要請に法的根拠はなく、「県から県民への依頼の形になる」(危機管理課)。

 また、観光支援事業「Go To トラベル」については、来県する観光客は感染対策を徹底したうえで受け入れる。ただ、県民が8都道府県へ旅行することは控えるよう求める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ