PR

ライフ ライフ

女川原発再稼働めぐり市町村長会議で賛否の声 宮城知事、近日中に3者会談開催へ

女川原発2号機の再稼働をめぐり開催された市町村長会議であいさつする村井嘉浩知事=9日、仙台市青葉区(塔野岡剛撮影)
女川原発2号機の再稼働をめぐり開催された市町村長会議であいさつする村井嘉浩知事=9日、仙台市青葉区(塔野岡剛撮影)

 東北電力が令和4年度以降の再稼働を目指している女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)をめぐり、村井嘉浩知事は9日、県内35の全市町村の首長から意見を聞く「市町村長会議」を仙台市内で開いた。会議で賛否双方の意見が出たことをふまえ、村井知事は、近日中にも立地自治体の首長との3者会談を開く考えを明らかにした。

 再稼働に必要な地元同意の手続きでは、立地自治体2市町の両議会と県議会がすでに同意。この日の会議を受け、知事と両市町長の意向表明を残すだけとなった。

 この日の会議では、利府町の熊谷大町長が「世界最高水準の安全規制をクリアした」と再稼働に賛成の立場で意見を述べる一方、美里町の相沢清一町長は「避難道路の整備など課題は山積している」と反対を表明。このほか、「(再稼働を容認した)立地自治体(女川町、石巻市)の議会、県議会の判断を尊重すべきだ」(大河原町の斎清志町長)、「避難計画に不安がある」(加美町の猪股洋文町長)といった意見が出た。

 村井知事は「立地自治体の両首長との3者会談を開き、その結論を市町村長の総意とする」とした上で、「(3者会談終了後に)意思表示をすることになると思う。(3者会談開催は25日開会の)県議会前もあり得る」と述べた。

 一方、女川町の須田善明町長は「(防災)インフラの改善を着実に行うということが不可欠だ」、石巻市の亀山紘市長は「(事故時の)避難者の受け入れ態勢を整えることも必要と感じた」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ