PR

ライフ ライフ

【片桐実央の起業相談】コロナ禍のピンチをチャンスに

 新型コロナウイルスの影響でビジネス環境が変化し、新たな展開を迫られている方も多いかと思います。今回は、このピンチをチャンスと捉え、成功している2人の起業家を紹介したいと思います。ともにスクールビジネスを手掛けていますが、コロナ禍で対面での運営が難しくなり、事業展開を見直しました。

■サービスの提供方法を変える

 株取引について学べるスクールを運営する50代男性は、複数の生徒を対象にした講義形式の授業をオンラインでのマンツーマン方式に切り替えました。以前は一方通行になりがちでしたが、マンツーマンにすることで質問が受けやすくなり、理解が深まると好評のようです。オンライン化によってスクールに通えなかった遠方の方など新たな顧客の開拓にもつながったといいます。

■違うサービスを提供する

 もう一人は、書道教室を運営する40代女性です。書道をオンラインで教えるのは難しいため、顧客のために他に何ができるのかを原点に戻って考えました。

 そこで思いついたのが、書道教室でつながりのある顧客に対する物販サービスです。座右の銘や、大切にしたい言葉などをきれいな色紙に書き、立派な額縁に入れて販売します。

 最初は既存の生徒向けに販売していたのですが、部屋や玄関などに飾るインテリアとして非常に好評で、口コミで生徒の知り合いなどにも広がっているようです。今後は、希望の言葉を書いて販売するクラウドファンディングのプロジェクトを行うことも視野に入れているとのこと。

 どんな時も、どうすれば窮地を打開できるか、アンテナを張り、努力し続けることで道は開けていくのだと思います。

 銀座セカンドライフ ginzasecondlife.co.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ