PR

ライフ ライフ

「コロナ禍の酉の市」 人出は8割減

【酉の市】浅草・鷲神社で開運、商売繁盛を願う酉の市が行われた。新型コロナウイルス感染症の影響により例年と比べ規模は縮小されていた=2日午後、東京都台東区(納冨康撮影)
【酉の市】浅草・鷲神社で開運、商売繁盛を願う酉の市が行われた。新型コロナウイルス感染症の影響により例年と比べ規模は縮小されていた=2日午後、東京都台東区(納冨康撮影)

 東京・浅草の鷲(おおとり)神社で、開運や商売繁盛を願う「酉の市」が2日、開催された。400年以上の歴史がある恒例行事で、今年は新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれたが、規模を縮小して行われた。参拝者は「密」を避けるため事前申し込みで制限され、人出は例年と比べ8割減。出店は半分となり、売り子はマスクやフェースシールド着用で対応、手締めの掛け声は控えめだった。

 縁起物の熊手を買いに訪れた飲食店経営の白井雅裕さん(45)は「開催されるか心配でしたが、いっぱいお願いしました」と話していた。鷲神社での酉の市は今後、14日に「二の酉」、26日に「三の酉」が行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ