PR

ライフ ライフ

黒枝豆「拙者のごっつぉ」販売、京都

甘くて大粒の黒枝豆「拙者のごっつぉ」(京葱SAMURAI提供)
甘くて大粒の黒枝豆「拙者のごっつぉ」(京葱SAMURAI提供)

 京野菜・九条ねぎの販売を手がける「京葱SAMURAI」(久御山町)が新たに黒枝豆「拙者のごっつぉ」を発売した。「ごちそう」を意味する京ことばを命名し、京都発の黒枝豆としてブランドの確立を目指す。

 大粒で黒豆独特の強い甘みが特徴で、ビタミン、ミネラルなど栄養も豊富。塩ゆでにして酒のつまみはもちろん、炒め物や豆ごはんにしても楽しめる。

 連作障害を防ぐため、ネギ収穫後の休耕期間中の栽培を決め、丹波地方の黒枝豆「新丹波黒」の種を京丹波町から買い付け。8月から久御山町や八幡市の農地計約1ヘクタールで栽培した。

 山間部の丹波地方とは違い、都市部の府南部では、夜の気温が下がりにくいため、黒枝豆の栽培には適さないとされてきた。そのため、水やりの工夫や品質管理を徹底し、10月中旬に初収穫を迎えた。今後は黒枝豆を活用したアイスクリームの販売も計画しているという。

 同社取締役の山本将人さん(34)は「一度食べたら忘れられない本当の枝豆の味を堪能してほしい」と話している。

 1キロ1千円。ロックファーム京都(久御山町)で11月上旬まで販売(午前9時~午後1時)。問い合わせはロックファーム京都(075・633・5885)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ