PR

ライフ ライフ

東京都、新型コロナ検査能力を拡充へ 1日当たり約6万5千件に

記者会見をする小池百合子都知事=30日午後、東京都庁(植村光貴撮影)
記者会見をする小池百合子都知事=30日午後、東京都庁(植村光貴撮影)

 東京都の小池百合子知事は30日の定例記者会見で、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、新型コロナの検査能力を拡充し、12月上旬までに1日当たり約6万5千件が可能な体制を整備する方針を表明した。

 都は1日当たりの検査能力をこれまで1万200件としていたが、今月30日時点で通常時として約2万5千件、最大稼働時として約4万6千件を確保したことを明らかにした。今後、抗原検査の簡易キットの活用促進などを通じ、最大稼働時で約6万5千件の実施が可能な体制を整える。

 また、新型コロナ感染者と濃厚接触した可能性を知らせるスマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA(ココア)」の通知を受けたり、発熱などの症状があったりする人を対象にした電話相談窓口「東京都発熱相談センター」を今月30日午後5時に設置する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ