PR

ライフ ライフ

コロナ対策分科会、大都市「夜の街」対策の効果議論

東京・新宿の歌舞伎町で、風営法に基づく立ち入り調査に向かう警視庁の捜査関係者と新型コロナウイルスの感染予防策の実施状況の確認に向かう都職員ら
東京・新宿の歌舞伎町で、風営法に基づく立ち入り調査に向かう警視庁の捜査関係者と新型コロナウイルスの感染予防策の実施状況の確認に向かう都職員ら

 政府は29日、新型コロナウイルス感染症対策分科会を開き、大都市の歓楽街で実施したさまざまな対策の効果について議論した。結果は感染拡大を抑えるために自治体や保健所、事業者が取り組むべき効果的な対策作りに生かす。

 分科会は既に、東京都新宿区の歌舞伎町など全国5カ所の歓楽街を対象にした中間解析の結果を公表。飲食店などを対象にした重点的な検査や営業時間の短縮による人出の減少が感染者の減少に役立ったことを明らかにしている。

 厚生労働省の新型コロナ対策に助言する専門家組織も、首都圏で感染者が減らず、地方に広がって歓楽街でクラスター(感染者集団)が発生する事例があると分析。「夜の街」での効果的な対策作りが課題となっている。

 また、症状がなく感染している可能性の低い人が自費で検査を受ける場合に知っておくべき注意点を改めて整理する方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ