PR

ライフ ライフ

沖縄県議10人感染 離島視察でクラスター

 沖縄県議会は23日、自民党の県議9人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。前日に発表した1人とあわせ、感染した自民県議は10人となった。10人は18~21日、石垣市などへの視察で行動をともにしており、県は22日、クラスター(感染者集団)と認定した。

 県議会事務局によると、新たに感染したのは自民党県連会長の中川京貴県議や仲田弘毅副議長ら。石垣市などへの視察には自民党の県議団18人が参加し、このうち座波一県議の感染が22日に分かったため、PCR検査を受けたところ9人が陽性だった。

 残りの7人は陰性で、1人は検査結果を待っている。陽性者も含め、座波県議以外に症状のある県議はいないという。

 県議団は石垣市のほか離島の宮古島市、与那国町を視察し、夜には居酒屋などで懇親会を開いていた。石垣、宮古島両市の副市長や与那国町長、複数の市議らも懇親会に参加しており、感染拡大が懸念される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ