PR

ライフ ライフ

北海道で最多の51人感染 メンズパブなどで集団感染

北海道庁
北海道庁

 北海道と札幌、旭川の各市は23日、道内で新たに51人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。1日の公表人数が最も多かった4月23日の45人を上回り、過去最多。札幌市ではグループホームや、繁華街すすきの地区にある接待を伴う飲食店のホストクラブとメンズパブの計3カ所で新たなクラスター(感染者集団)が発生した。

 道内の感染者は延べ2703人(実人数2681人)となった。午後5時時点の陽性患者は260人で、このうち2人が重症となっている。道の担当者は「10月に入って19件のクラスターが発生し、札幌市以外の地方でも発生が相次ぐなど感染が拡大傾向にある」との認識を改めて示した。

 23日の新たな感染者は、札幌市38▽旭川市1▽千歳市1▽釧路地方6▽石狩地方3▽後志(しりべし)地方1▽胆振(いぶり)地方1-の計51人。

 札幌市によると、新たなクラスターは、高齢者のグループホーム5人▽ホストクラブ5人▽メンズパブ6人で、いずれも軽症か無症状。このうち11人が23日の同市の新規感染者38人に含まれている。

 メンズパブではマスクの着用が徹底されていなかったという。同市は3件とも濃厚接触者を把握できているとして、施設名や店名を公表していない。

 同市の担当者は「38人のうち7割はクラスターと全く関係のない所で感染しており、市中感染が一定程度、広がっている。気を緩めると一気に膨れ上がる可能性がある」と強い危機感を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ