PR

ライフ ライフ

無断外出のコロナ感染者、暴行容疑で逮捕 埼玉

 埼玉県と県警は23日、新型コロナウイルスに感染し同県加須市の宿泊療養施設に入っていた外国籍の40代の男が、施設から無断で外出した上、暴行容疑で県警に現行犯逮捕されたと発表した。県は男が立ち寄った場所の特定や消毒作業を急ぐ。

 県と県警によると、男は20日に県内の医療機関から宿泊療養施設に移り、22日午後3時ごろに外出した。同日午後6時5分ごろ、同県東松山市の大型量販店で店員に暴行したとして、東松山署が暴行容疑で現行犯逮捕した。県は、県警から午後9時半ごろに連絡を受けるまで、男の外出を把握していなかった。

 男は逮捕された後、取り調べが始まるまで感染していることを明らかにせず、男に接した署員10人が自宅待機となっている。

 埼玉県では7月にも、新型コロナウイルスに感染し入院していた同県春日部市の男性が退院の許可を得ないまま外出し、温泉施設やタクシーを利用する事案があった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ