PR

ライフ ライフ

低学年の不登校、過去最多を更新「早期支援を」

 いじめの認知件数が過去最多となった文部科学省の問題行動・不登校調査では、不登校の小中学生が前年度より約1万7千人増えて18万1272人になり、過去最多を更新した。近年、特に深刻化しているのが学校に通えない子供の低年齢化だ。小学1、2年生の不登校も増えており、専門家は「早い段階からカウンセラーらによる支援が必要だ」と指摘している。(藤井沙織、地主明世)

 小学1年の息子が5月の連休明けから登校を渋るようになり、担任の教諭からの心無い一言でまったく通えなくなった-。NPO法人「おおさか教育相談研究所」の甲斐真知子副理事長によると、不登校の子供を持つ保護者の交流会で、そんな母親の悩みが語られるようになった。

 同研究所には近年、低学年の保護者からの相談が増えている。甲斐さんは「低学年の場合、子供自身がなぜ学校に行きたくないのかを具体的に言えないこともある」という。

 神戸市のフリースクール「フォーライフ」でも、約10年前までは小学生の在籍者は1人程度だったが、この数年で増加。昨年度は19人のうち7人で、過去最多となった。受け入れ対象は5年生以上だが、4年生以下の保護者からの問い合わせも増えたという。原因は「複合的だが対人関係や勉強のつまずきが多い」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ