PR

ライフ ライフ

北海道で22人感染、宗谷地方は4月26日以来

北海道庁
北海道庁

 北海道と札幌、小樽の各市は21日、道内で新たに22人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。内訳は、札幌市15人▽小樽市4人▽石狩地方1人▽宗谷(そうや)地方1人▽釧路地方1人。道内の感染者は延べ2612人(実人数2590人)となった。

 道によると、宗谷地方の1人は稚内市の60代男性会社員で、感染経路はいまのところ不明となっている。宗谷地方では4月にクラスター(感染者集団)が発生した「国立病院機構北海道がんセンター」(札幌市)に関係する陽性患者5人が判明したが、4月26日を最後に新たな感染者が確認されていなかった。

 また、札幌市は21日、同市中央区の高齢者施設「ツクイ札幌山鼻グループホーム」のクラスターが20日付で収束したとの見解を明らかにした。この施設で確認された陽性患者は従業員6人と入居者9人の計15人で、入院していた陽性患者が20日までに全て退院したとしている。

 札幌市では21日、繁華街すすきの地区の接待を伴う飲食店の感染者が1店と3人増え、65店で計232人となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ