PR

ライフ ライフ

京産大PCR検査センターが開所 寮生ら優先的に

PCR検査センターの開所式に参加した関係者ら=19日午前、京都市北区の京都産業大学(渡辺恭晃撮影)
PCR検査センターの開所式に参加した関係者ら=19日午前、京都市北区の京都産業大学(渡辺恭晃撮影)

 京都産業大(京都市)が学内に設けた新型コロナウイルスのPCR検査センターの開所式が19日、行われた。秋学期から始まった対面授業を受ける学生らの不安を払拭し、感染拡大を防止する。運用は20日から。

 島津製作所(同市)が開発した唾液による検査キットを使用。無症状の学生や教職員が対象で、寮生活や課外実習を行う学生、高齢者と同居する学生を優先する。当面は1日約40件を調べる予定。検査費用は大学が補助し、学生の負担は1回900円に抑える。センターは、令和7年末までの運用を予定している。

 京産大では今春、学内でクラスター(感染者集団)が発生した。開所式に参加した大城光正理事長は「センターの開所は安全安心なキャンパスづくりの新たな挑戦。センターで蓄積されるノウハウを積極的に公開し、新型コロナの収束に貢献したい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ