PR

ライフ ライフ

トラック火災原因は鳥の巣 日本原燃の再処理工場

 日本原燃(青森県六ケ所村)は16日、使用済み核燃料再処理工場の放射線管理区域外で、7月にトラックから出火したのは、火元となったエンジン部分に鳥の巣があったことが原因と発表した。放射性物質の漏えいはなかった。

 原燃によると、巣は直径約10センチ。4月の定期点検時にはなかったという。今後、運行前の点検でエンジンルーム内に可燃物がないか確認する。同社は「安全管理を徹底し、再発防止に努める」としている。

 火災は7月3日午前8時35分ごろ発生。トラックのエンジン部分から火と煙が出た。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ