PR

ライフ ライフ

「国としてやるべきこと」 小泉環境相、尖閣諸島調査検討で

閣議に臨む小泉進次郎環境相=16日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む小泉進次郎環境相=16日午前、首相官邸(春名中撮影)

 環境省が年内にも尖閣諸島(沖縄県石垣市)の自然環境調査を検討していることに関し、小泉進次郎環境相は16日、閣議後記者会見で「尖閣諸島に対するさまざまな状況を考えたときに日本として何もやらずにいるわけにはいかない。日本固有の領土として、最新の状況を把握するためにできることがないか知恵を絞った。国家としてやるべきことをやる」と述べた。

 環境省によると、調査では、絶滅危惧種アホウドリの生息状況を人工衛星が撮影した写真で確認するとしている。小泉環境相は「動植物がどのような状況にあるのか把握することは生物多様性の観点からも大事だ」と指摘した。

 尖閣諸島周辺では、中国船による航行が常態化しており、海上保安庁が警戒に当たっている。自然調査は、加藤勝信官房長官が15日の記者会見で実施方針を明らかにした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ