PR

ライフ ライフ

全国初、コロナ対応の福祉施設BCP作成例マニュアル策定 静岡県

 静岡県は15日、新型コロナウイルス感染症に対応した、福祉施設向けの「クラスター(感染者集団)対策マニュアル」を策定したと発表した。新型コロナ対応の事業継続計画(BCP)作成例まで示した自治体マニュアルは、全国初という。よくある質問と回答を示したわかりやすい形式にまとめ、同県のホームページに掲載するなどして施設側に提供する。

 全国の社会福祉施設で新型コロナでのクラスターが発生している中、入所者サービスが継続できるようにと作成。静岡県内ではこれまでに社会福祉施設でのクラスターは発生していないが、県には高齢者や障害者の関係団体などから「施設は休業できないが感染者が発生した場合にどうしたらよいか」「新型コロナに対応したBCPはどういうものか示してほしい」など、多くの不安や要望が寄せられているという。

 マニュアルの内容は、福祉施設関係団体からのヒアリングをもとに作成。職員らの関心が高いものに絞り、感染が疑われる人が発生したときに必要な対応の流れ、発生させないための予防対策、他県でのクラスター対応例など、6項目とした。BCP作成例は、施設名など個別の項目を入れるだけでどの施設でも使えるようにしたという。

 静岡県はマニュアルを活用して、万一、クラスターが発生しても介護サービスが継続できる体制づくりを支援したい考え。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ