PR

ライフ ライフ

飛べないカラスのかーくん 住民に「命の尊さ」伝え 朝晴れエッセーから 

畑の中にいるカラスのかーくん=東京都葛飾区、7月中旬ごろ(大塚信義さん提供)
畑の中にいるカラスのかーくん=東京都葛飾区、7月中旬ごろ(大塚信義さん提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 巣立ちして間もないカラスのひながこの夏、東京・江戸川区と葛飾区の区境にある畑に棲みついた。羽を失い、大空に羽ばたくことはできない。いじらしい姿に、近隣住民が餌を与え始めた。声をかけると「かー」と鳴く。いつの間にか名がついた「かーくん」は近所の人たちの共通の話題に。畑の前は井戸端会議に花が咲いた。都会のカラスは厄介者として扱われることも多いが、かーくんは違った。最期まで懸命に生き、住民たちに「命の尊さ」を教えた。(橘川玲奈)

 このエピソードは、産経新聞朝刊に掲載されている「朝晴れエッセー」で9月19日、「飛べないカラス」と題して紹介された。筆者の江戸川区の会社員、大塚信義さん(52)にかーくんについて話を聞いた。

 かーくんは、6月末~7月初めごろから、大塚さんの自宅マンション近くにある、フェンスに囲まれた休耕中の畑の中に棲みついた。左側の羽を失い飛べない。畑の外にも出られず、地面を動き回っていた。

 近所の人たちの注目を集めるようになり、パンやおにぎりなどの食べ物を与える人が現れた。畑の地主も水を与えたり、雨をしのぐための傘を置いたりした。

 「うちのマンションの住人で30人くらい、通行人でも10人は見ていたと思う」と大塚さん。「どうして羽がないんだろう」「どこから来たんだろう」-。話題にあがるかーくんは住民たちを互いに結び付け、現代社会で途切れがちな地域の交流を生み出した。

 7月中旬、畑に大雨が襲った。かーくんはひっくり返って身動きが取れなくなっていた。皆が心配した。それでもかーくんは風雨にも耐えた。かーくんを応援する人がさらに増えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ