PR

ライフ ライフ

将棋の王座戦、永瀬拓矢が初防衛

王座戦第5局、久保利明九段(左)と永瀬拓矢王座=14日、甲府市(日本将棋連盟提供)
王座戦第5局、久保利明九段(左)と永瀬拓矢王座=14日、甲府市(日本将棋連盟提供)

 将棋の第68期王座戦五番勝負(日本経済新聞社主催)の第5局が14日、甲府市で指され、後手の永瀬拓矢王座(28)が挑戦者の久保利明九段(45)に110手で勝ち、対戦成績3勝2敗で初防衛を果たした。永瀬王座はタイトル獲得が通算3期となり、同日付で九段に昇段した。

 永瀬王座は横浜市出身。安恵照剛八段門下で平成21年、四段プロデビュー。令和元年5月に初タイトルとなる叡王(えいおう)を獲得、同年10月には王座も奪取し、2冠となった。先月、叡王の初防衛に失敗したが、王座のタイトルは死守した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ