PR

ライフ ライフ

「結構よく打てた」 囲碁の仲邑菫初段が本戦最年少勝利

仲邑菫初段
仲邑菫初段

 囲碁の小学生棋士、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段が8日、第24期女流棋聖戦の本戦1回戦で同期入段の上野梨紗初段に勝ち、本戦で初勝利をあげた。予選を勝ち抜くなどした棋士による本戦を11歳7カ月で勝利するのは、村川大介初段(当時)の13歳1カ月=平成16年1月の第29期新人王戦1回戦=を更新して、囲碁のすべての棋戦の本戦で最年少記録となった。

 また、14歳3カ月の上野初段との年齢を足した25歳10カ月は、囲碁界の最年少対局だった。従来は仲邑初段のデビュー戦で昨年4月22日の第29期竜星戦予選、大森らん初段との26歳9カ月。

 入段2年目の仲邑初段は前期の女流棋聖戦も16人による本戦へ進んだが、1回戦で敗退。今年7月の第5回女流最強戦(16人)では梨紗初段の姉、上野愛咲美女流本因坊(18)に敗れていただけに、「結構よく打てたと思います。特に緊張はしなかった。中盤で黒四子を取ったときに優勢になったと思いました。次も自分らしく精いっぱい打ちたい」とコメントした。

 仲邑初段はあと3勝すれば、鈴木歩女流棋聖(37)との三番勝負に挑戦できる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ