PR

ライフ ライフ

10月8日は「地熱発電の日」 無尽蔵の純国産エネルギーに期待

「地熱発電の日」のポスター(JOGMEC提供)
「地熱発電の日」のポスター(JOGMEC提供)

 10月8日は「地熱発電の日」。わが国で最初の地熱発電所が運転を始めた日に、ちなんだものだ。再生可能エネルギーといえば太陽光や風力が代表格だが、電力供給が天候に左右される弱点がある。ところが地熱は昼夜・年間を通じて安定し、しかも化石燃料や原子力と異なり純国産で無尽蔵。火山が多く世界の「三大地熱資源国」である日本にとって、究極のエネルギーとして期待がかかる。

23年ぶり稼働

 国内初の地熱発電所は昭和41年10月8日、岩手県八幡平市で運転を始めた松川地熱発電所(出力2万3500キロワット)。それから半世紀余りが過ぎた令和元年5月、同じ東北の秋田県湯沢市で山葵沢(わさびざわ)地熱発電所が誕生した。

 宮城・山形県境に近い山あいに、タービン棟などの建物が並ぶ。白い蒸気がもくもくと噴き出し、冷却塔では、発電後の温水がしぶきを上げて流れる。

 「昨年は、地熱発電にとって画期的な年でした」

 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)地熱事業部の高橋由多加さん(64)は感慨深げに話す。

 同発電所は出力4万6199キロワット。約9万世帯分の電力を供給できる。出力1万キロワット以上の大規模地熱発電所の稼働は、平成8年の大分県・滝上発電所以来、実に23年ぶりのことだった。

「ベース電源」に

 23年の東日本大震災による東京電力福島第1原発事故は、政府のエネルギー政策を塗り替えた。エネルギー基本計画は自然由来の再生可能エネルギーを主力電源化すると明記。とりわけ地熱は、石炭火力や大型の水力、原子力とともに再エネで唯一、安定して安く発電できる「ベースロード電源」に位置づけられた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ