PR

ライフ ライフ

【節約家計簿】「GO TO」各社のキャンペーンを比べて賢く

 今月から東京都も「Go To トラベル」の対象に加わりました。さらに都民が都内で宿泊する場合は、1泊5千円までの助成も受けられる予定になっています。助成の対象外だったときには、他の道府県に住む人の旅行体験をうらやましく聞いていた都民も多いはずです。新型コロナウイルスの感染状況を考慮すると、旅行をおすすめしづらい状況は変わりませんが、旅行計画を立てる際はさまざまな助成制度を活用したいところです。

 Go To トラベルを簡単に説明しますと、事業に登録している旅行会社などのサイトを通して予約したり、事業に登録している宿泊先に泊まったりすると、宿泊旅行で1泊最高2万円、日帰り旅行で最高1万円までの助成が受けられます。旅行代金では35%が割り引かれ、旅行代金の15%は地域共通クーポンでの助成になります。地域共通クーポンは旅行期間中が有効期限になりますので、使える場所を旅行前に調べてから出かけるのがおすすめです。

 個人的な体験談として、出張用に早めに予約していたホテルが事業の対象になり、予約を取り直したら35%の割引が受けられました。出張費が安くなるのは、仕事先にも喜ばしい話だと感じています。

 一方で、注意点もあります。少し先に九州に行く予定があります。これにGo To トラベルを利用しようと考えていましたが、費用を比較してみたところ、ANAのスーパーバリューセールで航空券を購入し、宿泊先だけGo To トラベルを利用したほうが安く済むことが判明しました。結果的に、羽田から九州までの航空券が片道7290円で購入でき、ホテルは35%の割引が受けられました。Go To トラベル対象のツアーを利用したときより支払額は少なく済んだ計算です。

 Go To トラベル期間中は、対象になるツアーしか検討しない人も多いですが、この事業以外の割引制度やキャンペーンも調べて料金を比較した上で、より有利な選択をするのがおすすめです。(ファイナンシャルプランナー 畠中雅子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ